群馬県における導入の取り組み

次世代エネルギーの重要性を考える機会となったのは、東日本大震災での原子力発電所の事故ではなかったかと思います。
それまで、電気はあるのが当たり前、原子力発電は安全でクリーンという話を疑うことなく信じてきていた私たちにとって、現実は違うのだということを目の前に突き付けられた出来事でもありました。null
そのため、太陽光発電に代表される自然エネルギーを次世代エネルギーと位置付け、積極的に導入をはかる都道府県が増えてきました。
ただし、その導入の積極性には非常にばらつきが多く、助成金などの仕組みについても各都道府県や市区町村に一任されているのが現状だと思います。
そんな中で、積極的に太陽光発電導入に力を入れているのが、群馬です。
企業によるメガソーラー発電の場となったのはもちろん、各家庭の屋根にもどんどん太陽光発電を設置しようと、屋根の提供先を募るほどです。
もともと群馬は太陽光発電に適した地理条件が整っているらしく、それもあってか前向きに取り組んでいることは、他の都道府県や市区町村にとってはお手本となり、けん引役ともなれるのではないかと思います。
定期的に太陽光発電の導入のための情報を交換するマッチングをするなど、さまざまな工夫を凝らして普及を目指している群馬は、それだけエネルギーへの関心も意識も高い県民性と言えるのかもしれません。
太陽光発電に適した地理条件であるということを知っているだけでも、群馬の取り組みは素晴らしいと思います。