太陽光発電の電力売買の仕組みを知りたい

高崎市で太陽光発電の導入を検討するものの、売電収入が得られるとか、夜間電力は安くなってお得とか、いまいち導入のメリットについて意味が分からないという方がけっこういるようです。
太陽光発電の基本的な仕組みを改めて確認しておきましょう。
太陽が出ている昼間は発電した電力で、自宅の家電製品などの電気を賄い、さらに余った電力は電力会社に売ります。
晴天時の日中は、基本的には使用量を上回る発電量が期待できます。
一方で、雨の日や夜間、および発電量が足りない時は電力会社から電力を購入します。
ちなみに、雨の日でも、明るさがあれば、晴天時の1割から5割程度に落ちるものの発電は可能なんです。
こうした電力の売買は自動的に行われるので、煩わしい手間や操作は必要ありません。
太陽光発電を設置したら、季節や時間帯によって電気料金が安くなる料金プランに切り替えることで、購入電力が増える夜間の電気料金を6割程度安くすることができてお得です。