太陽光発電を投資として考える。

私は群馬県の高崎市に住んでいます。
昨年太陽光発電を設置したのですが、その目的は投資として考えました。
群馬県は太陽光発電には適した土地柄です。
日照時間に関しても優秀です。
投資として考えた場合、発電量がある程度予測できるので、10年間の売電単価が定額になるというのは魅力的です。
なぜなら、投資した資金の回収がある程度分かるからです。
当初、我が家で発電した場合、回収機関は10年を予想しました。
太陽光パネルは保証期間は20年あります。
また、聞くところによると、30年くらいは持つそうです。
不動産投資を考えるとわかると思いますが、アパート経営で10年で投資資金を回収するのと同じです。
不動産の場合は、固定資産など毎年かかる税金はあるし、ランニングコストは結構あるのです。
しかし太陽光発電はランニングコストはほとんどありません。
初期投資した資金を回収したら、あとは利益だけです。
面倒な事務処理など必要なく、ただ屋根に設置しておくだけですから。
このような理由から、私は投資として設置したのです。