高崎市で太陽光発電を導入すること

太陽光発電という自然エネルギーを導入することの意味に、地球にとってやさしいエネルギーを使うという考え方があると思います。
原子力はクリーンで安全なエネルギーとされてきましたが、ひとたび事故が起これば地球に大きなダメージを与えることは、皮肉にも日本がもっともよく知ることとなりました。
火力発電は発電方法としてはもっとも効率が良いのかもしれませんが、地球温暖化の原因となる温室効果ガスを大量に発生させることから、未来永劫、火力発電に頼ることはできません。
そうなるとより自然のものを使ってエネルギーを作らなければならないということになり、候補は太陽光、水力、風力ということになります。
高崎市でも温室効果ガスの排出量を削減し、地球温暖化防止を考えるという意味で太陽光発電の導入を促しています。
もともと太陽光発電には適した土地柄でもあるようですから、意識を変えることで高崎市での普及は進んでいくのではないかと思いますし、そうあってほしいと思います。