プラグインハイブリッドカー

電気自動車やプラグインハイブリッドカーを購入している家庭も多いと思います。
そのように電気で動く自動車には必ずと言っていいほど蓄電気が内蔵されています。
その蓄電池が内蔵されているプラグインハイブリッドカーを所有しているため、私は太陽光発電システムを家庭に取り入れることにしたのです。
というのも、私がプラグインハイブリッドカーを日中家に入ることが多く朝夕の子供の保育所の送迎や買い物しか利用しないからです。
日中は冷蔵庫やテレビといった少ししか電力を消費しないため、太陽光発電で得られた電力は余ってしまいます。
そのため、太陽光発電で発電されたエネルギーはプラグインハイブリッドカーの蓄電池に充電されていきます。
充電されたエネルギーを子供の送迎や買い物と言った移動手段に使いますし、それでも余ったエネルギーは夜に家庭の照明や冷暖房などにも活用することができるわけです。
そのため、プラグインハイブリッドカーと太陽光発電を購入したことで毎月にかかる電気代やガソリン代を大幅に減らすことができるようになりました。
この2つの組み合わせは特に震災などで大規模停電になったとき、さらなる大きな力を発揮してくれると思っています。
というのも、発電と蓄電の2つを持っているため、24時間いつでも最低限の電気エネルギーを確保することができるからです。
電気代・ガソリン代がお得になるだけでなく、大きな安心感も得ることができるわけです。