保証期間に注目して選びたい

太陽光発電は個人宅でも導入できるクリーンな再生可能エネルギーです。
null蓄電はできませんが余った電力を売却することもでき家計にも優しいのが特徴です。
太陽光発電の肝でもあるモジュールは国からの補助を受けるためにも認定条件として10年以上の出力の保証期間が必要です。
モジュール以外の発電モニターなどはもっと保証期間が短いのですがモジュールは一番大事な機器ですから保証期間が長く設定されています。
でも、よく調べないとメーカーによっては購入時に申し込みをしないと保証を受けられないといったこともあったようです。
きちんとした販売店や施工会社であればこのようなことはないのですが確認する必要があります。
心配なのは太陽光発電の設置後に火災や地震などの災害に遭ってシステムが機能しなくなった場合です。
メーカーによってはこのような災害時の補償を用意している場合もあります。
ですから取り付けたいモジュールにどのような保証制度がついているのか事前に確認するのが安心な太陽光発電の導入です。