タダや儲かるという話には気をつけましょう

いま太陽光発電への注目が集まっています。
そのためでしょうか、
さまざまな業種から太陽光発電に参入する企業が増えています。
企業だけではなく町の工務店などでも、
太陽光発電の設置を請け負い始めるところが多くなっています。
近くの工務店なら安心そうな気がしますが、
太陽光発電選びで失敗しないためには、
消費者もある程度の知識を持つことが重要でしょう。
太陽光発電のメリットはいろいろあります。
ですが、そのメリットだけを取り上げて、
電気代がタダになるとか儲かるといって勧誘する業者は注意した方がいいでしょう。
確かに太陽光発電で発電して、
自宅の消費電力をすべて賄うことができれば、
電気代がタダになるというのは一概に嘘とは言えません。
ですが、太陽光発電は昼間は発電できますが、
夜は電気を買わなければならないのですから、
発電もしていないのにタダになるといって誘う業者は危険でしょう。
それ以上に儲かるという業者には注意したいです。
事業者として事業用の太陽光発電をするのならいざ知らず、
個人の住宅で太陽光発電をしただけで儲かるというのは美味し過ぎます。
もちろん、買電よりも売電の額の方が多くなれば、
儲けることは可能になります。
ですが、太陽光発電で儲けるためには、
どれほどソーラーパネルを設置しなければならないかわかりません。
タダであるとか、儲かるという言葉は、
普通の商売でも注意しなければならない言葉です。
素人にはあまり良くわからない太陽光発電のことを、
タダになるとか儲かるという甘い言葉ですすめる業者の言葉を、
そのまま信じてしまわずに自分にで検証することも大切です。
そのためには、一つの業者だけでなく、
いくつかの業者で見積もりをとって見ることをおすすめします。
その時は、シミュレーションもしっかりと計算してもらいましょう。
最近はシミュレーションの結果を、
都合良く改ざんしてしまう業者もあるといいます。
そんな時も、複数の業者にシミュレーションをしてもらえば、
すぐにどれが本当の結果なのかがわかるでしょう。