太陽光発電は向きが大切になります

太陽光発電につきましては、大きなお金がものになります。
200万円から300万円もかかるような場合もありますので、失敗はできないと考えてもよろしいです。null
太陽光発電の成功や失敗にかかる部分としましては、発電の効率というものがあります。
せっかく晴れていましても、発電の効率が悪ければ宝の持ち腐れとなってしまうからです。
そこで太陽光発電システムの発電効率なのですが、実は向きにかなりの影響を言うけるというものになっています。
もちろん、南向きの屋根を利用するのが最も効率的に発電できるようになります。
一方できた向きなどはかなり発電効率が落ちてしまうこともあります。
南向きに比べまして30パーセントほども発電効率が落ちる、ということまで言われているものになっています。
それはかなり厳しいことにもなる部分ですので、なるべく南向きを確保しまして太陽光発電システムに利用していくべきです。
ただどうしてもできないケースでありましても、東向きや西向きでもある程度の発電効率は確保できます。
そのあたりは、工務店の方とよく話し合って決めていくべきです。